受講生募集
講師紹介
内定者の記録
OB紹介
ペンの森紹介
トップページ
内定者の記録

中日新聞社 (東京外国語大学・男性)
        写真記者

なぜ、内定したと思うか?
エントリー、筆記試験、最終面接時と3回書かされた作文が全体的にうまくまとまったから。実技試験で撮った写真が傑作だったから。面接では、自分で言うのもアレですが「生真面目」さを評価してもらえたと思います。
記者を目指したきっかけは?
高3の秋に出会ったとある報道カメラマンの写真展で「これだ!」と思いました。世の中の矛盾や不平等に対して、1枚の写真で挑むのはかっこいいなーと。
会社研究はどうした?
5月に入ってから国会図書館で中日新聞を今年の1月から読みました。

筆記試験の感想
回答はほぼ全問記述式でしたが、問題の内容自体は素直でした。「写真常識」では写真記者の倫理(プライバシー権と報道)に関する設問がありました。

論作文の感想
選考過程での3回で論作文(800.600.400字)のためのネタの割り振りが難しかったですね。あと、最終面接で書かされる400字は、その短さゆえに使えるネタが限られてきます。要練習かと。